超音波検査(エコー)

腹部超音波検査

肝臓、胆のう、膵臓、脾臓、腎臓、膀胱、前立腺、子宮、卵巣などの病気の検査ができます。

腫瘍やポリープ、結石、炎症などは、周囲の正常組織の組成と異なります。 超音波画像上、病変部と正常な組織とでは微妙な違いが生じます。その違いを手掛かりに診断をします。

腫瘍があった場合には、その大きさや深達度(どのくらいの深さまで達しているか)、遠隔転移の有無を 調べることができます。

健診を契機に見つかる病気として多いのは、脂肪肝、肝血管腫、肝のう胞、胆石症、腎結石、腎のう胞、腎奇形、子宮筋腫、卵巣嚢腫などです。ときに膀胱腫瘍もみつかります。

ウイルスが原因の慢性肝炎(B型肝炎、C型肝炎)や非アルコール性脂肪肝は、肝硬変や肝臓がんに移行する可能性があるといわれています。 これらの患者様には、早期の変化をとらえるため定期的に腹部超音波検査を施行させていただいています。

表在超音波検査

乳腺エコー

乳房(主に乳腺)の状態を調べる検査です。
乳癌の有無の検索に有用ですが、のう胞や線維腺腫といった良性腫瘍も多く検出されます。
マンモグラフィのような乳房の圧迫を必要としないため痛みはありません。
妊娠経験が無い方や初産年齢が高かった方、初潮が早かった方や閉経が遅かった方、肥満の方、乳癌にかかられたご家族がおられる方、このような方に乳癌が発生しやすいといわれており、定期的な検査が望まれます。

甲状腺エコー

甲状腺自体の大きさ、腫瘤の大きさ・位置・性状を調べる検査で、触診では分からない腫瘤が見つかることがあります。 バセドウ病や橋本病、腺腫様甲状腺種、甲状腺癌などが検出されます。

頚動脈エコー

人の脳には4本の頚動脈と2本の椎骨動脈から血液が送られています。
主として頚動脈に詰まりが無いかどうかを調べ、頚動脈の動脈硬化の程度を知る検査です。全身の動脈硬化を推測する手がかりになります。 脳梗塞、高血圧、脂質異常症、糖尿病などの治療効果の判定に有用です。

 
午前
午後

午前…9:00~13:00
午後…15:00~19:00(最終受付 18:30)
休診日:木曜・日曜・祝祭日

保険診療

  • 一般外来
  • 湿潤療法
  • 超音波検査

自費診療

  • 健康診断
  • ちょこっと検診
  • ビタミン注射・ プラセンタ
  • 乳癌検診
メディカリスト
pagetop